屋根・外壁のちょこっと豆知識 Part1 瓦の種類

<瓦屋根の種類>

みなさんこんにちは!

これより、屋根や外壁についてちょっとした豆知識をご紹介したいと思います。

第1回目は「瓦」についてです。

実は瓦、4つの種類に分けられます。

①陶器瓦

名前から想像できるかとは思いますが、お茶碗と同じ素材で出来ている瓦です。

耐久性や通気性に優れています。

釉薬(ゆうやく)を使って仕上げているため、色味が変わることなく、丈夫で長持ちです。

様々な色のものがございます。

②いぶし瓦

いぶし銀と呼ばれ、シャープペンの芯の様な色彩です。日本の和瓦と呼ばれるのもこちらの瓦の事

いぶし瓦は、釉薬を使わずに仕上げています。

時間が経つにつれて、色味が少し変化していくのもいぶし瓦の特長です。

これはいぶし瓦特有の「味」なんです。粋ですね。

③セメント瓦(コンクリート瓦)

セメントを固めて瓦の様なフォルムに仕上げた屋根材がこちらです。

重量は陶器瓦やいぶし瓦と同じです。表面は着色して有ります。

瓦の中で唯一弊社の特許商品「エコカパラ」を施工出来るのは、こちらのセメント瓦です。

④樹脂繊維混入軽量セメント瓦

陶器瓦の半分の重さのセメント瓦です。陶器瓦よりも軽く、そして割れにくい瓦となっております。

屋根葺き替えのお客様に人気の商品となっております。

<瓦施工のメリット・デメリット>

メリットデメリット
耐久性が高い耐震性に劣る(ガイドライン工法で対策)
通気性がいい耐風性に劣る(ガイドライン工法で対策)
伝統的かつ格調の高いデザイン性価格が高い

<瓦屋根における耐久年数とエコカパラ>

 耐久年数エコカパラ
①陶器瓦50~60年×
②いぶし瓦40年×
③セメント瓦(コンクリート瓦)40年
④樹脂繊維混入軽量セメント瓦(ルーガ)30~40年

ご自宅の屋根材が瓦屋根だったと言う方。どの瓦がご自宅の屋根だったでしょうか。

ご参考になったら嬉しいです。

「エコカパラ」で作業所のトタン屋根の騒音を解消!

エコカパラは個人住宅はもちろん、工場、事務所、倉庫など、様々なシーンで既に活用・導入されています。
所在地浜松市中区木戸町
築年数築35年
屋根面積73.5平方メートル
工期5日(足場設置込)
症状雨などが降ると、トタン屋根がうるさい。
事内容トタン屋根に「エコカパラ」施工