屋根・外壁ちょこっと豆知識 Part11(樋について)

みなさんこんにちは!

本日は、屋根には必要不可欠なこちら!

「樋」についてです♪

ちょこっと読んで見てください(^^♪

樋とは、屋根から落ちる雨水をまとめて下に通し、地上まで流す装置のこと。

素材によって丈夫さ異なります。

樋とは、3つのパーツからできています。

1)軒樋

2)竪樋

3)樋集水器

〈軒樋〉 

軒先に横方向に設置された樋。少し傾斜があり、雨水を受けて1か所に集める役割。

〈竪樋〉

軒樋に集めた雨水を地上まで運ぶ装置。壁に平行に立っている樋。雨水が壁への飛散を防ぐ役割もある。

〈樋集水器〉

軒樋と竪樋の間に備え付けられている。

落ち葉やごみがつまってしまうことがある。

樋の素材の種類

 耐久性価格
塩化ビニル雨・紫外線で経年劣化しやすい安価
プラスチック熱に弱い安価
ガルバリウム鋼板錆びにくく耐久性が高いやや高価
耐久性が高いが酸性雨に弱い高価

〈樋の破損で代表的なもの〉

1)接合部の強度

 継ぎ手の強度が弱いと、樋が外れることがある

2)樋の劣化・破損

 雨水が漏れ、外壁に飛散してしまう

3)ゴミつまり

 ごみや枯れ葉、砂などがつまり、雨水があふれてくることがある

4)変形の有無

 紫外線・熱の影響・雪の重みで形がゆがみ、水が流れにくくなる

5)傾き具合

 水平になったり、逆向きになったりと雨水がうまく流れなくなってしまいます。

余談ですが・・・

私、樋をこんなことに使ってみました♪

樋で流しそうめん。

とても盛り上がりました(^_-)-☆

屋根には、樋が必要不可欠です。

お宅の樋、水が溢れていたり、壁が汚れていたりしませんか?

気になる方はぜひお問い合わせを~♪

屋根のことなら屋根のお医者さん「名倉ルーフ」にお任せ!!!

屋根・外壁のちょこっと豆知識Prat10(外壁塗装をしないとどうなるの?)

あけましておめでとうございます🎍

皆さんどのような年末年始をお過ごしだったでしょうか?

わたしは、美味しいものを食べて、寝て、また食べて寝て・・・

そんな生活をしていて、さて仕事始め! 鏡を見たらビックリ( ゚Д゚)

顔がとても丸くなっていたんです。体重も増えていた・・・

気を付けてみたから気づいたんです。

では、外壁に置き換えてみてください。

お家の外壁、じっくりと見たことがありますか?

普段気にしていなかったけど、じっくりを見てみると、意外と劣化進んでるかも・・・

お家を建ててから、15年以上メンテナンス塗装をしていないとこんなことが起こります。

・壁からの雨漏り

・害虫の侵入

・隙間風が入るので室温がさがる

・色が褪せ、見栄えが悪い

お家の寿命がどんどんけずられていってしまう・・・

外壁塗装の役割は、外壁の保護です。

色をきれいにするためだけではありません。

塗装をすることによって、外壁のひび割れを防いだり、防水効果を高めたり、皆様の生活を守るために、ご自宅を強化していくためにするのです!

ご自宅の外壁、こんなところはありませんか?

・色褪せ

・ツヤがなくなる

・塗膜の剥がれ

・ヒビ、つなぎ目が硬化して裂ける

・外壁を触ると粉状のものが手につく

・カビや藻が出てきている

こんな症状が出てきたら外壁の塗替え時期・強化の時期です。

名倉ルーフでは『塗装1級技能士』の資格を持った塗装のプロがおります!

外壁塗装もお任せください💪

お気軽にご相談ください♪

屋根リフォーム革命

エコカパラで検索!